toggle

#030 User’s Voice

「アルカディアのギター」



極上のクリーンアンプを用意しよう。例えばコンディションの良いオールドのツインリバーブあたり。電源を入れてチューブが暖まるまで20~30分じっと待つ。リバーブは思い切り深くセッティング。

そして私は朝の光の中で、青く艶めく一本のエレクトリックギターを弾き始める。

メロディーが舞い上がる。私は澄み渡る空をどこまでもどこまでも突き抜けてゆく。天駆ける高音の響き・・・。
次に私は低音弦をゆったりと歌わせる。暖かく懐かしい感触。昔観た映画の一場面のチェロのような。あるいは夢の中で聞いた古い教会のパイプオルガンのような。
奏者は楽器の声に抱かれて、楽器が紡ぐ歌に寄り添うだけでいい。小賢しいテクニックはもういらない。

諸君!心して聞きたまえ。
これがアルカディア(理想郷)のエレクトリックギターだ。

#030 ページへ