toggle

#008 User’s Voice

弾き語りをしている現在55才男です。ABEくんの音に対する情熱、ヤイリからアメリカ修行まで知っています。

私はギターの細部等、使用する木材がどうのとかあまり気にしません。あくまで自分で弾きやすく美しい音色、なおかつ見た目、胸に抱いたその感触等を大切にしています。

そういう事なのでABEくんにギター製作をお願いする時には私の自作CDを送り「そのCDを聞いて感じるままに仕上げてちょうだい」「ボデイの色はキツネ寿司(いなり寿司)の色にしてくれ」とか難題を申し上げました。大まかな部分は大まかに伝え、そうして出来上がったのがARTISAN OM #008。

いい音 優しい音 つぶ揃いの音 ・・・表現は多くありますが、驚くのは、演奏中、演奏後、「すごくいい音してます!そのギターはどこのギターですか?」との質問が非常に多くなった事。現役のプロの方もアマチュアでギターマニア的な方も、ふつうのオジサンもピアノのオネエチャンも。当初は説明するのが面倒なくらい質問責めでした。

「いいギターです」と一言。

S.S.

#008 ページへ